コトがオトに関わるとどうなる?
エンタメ感あふれる学習
SeePhony®シーフォニー

数百万人の英語ネイティブから分析!
あなたの英語が見える化する!

あなたの英語発音を音響レベルで瞬時に解析する、発音評定エンジン「SeePhony®」を開発!
発せられた英単語を音の要素レベルで解析し結果を返します。

その時間わずか0.2秒!

発音評定エンジンは、「音響認識技術」を持つ米国Sensory社との共同開発したもので、数百万人にも及ぶネイティブスピーカーの英語発音をサンプリングし、データベース化した音響モデルを使用しています。
日本人特有の英語発音のクセを一瞬で視覚化することができるようになりました。

圧倒的解析速度SeePhony®
その技術を組み込んだ
「発音博士」

いつか英語を本格的に学んでみたい。そう思う人はたくさんいるではないでしょうか? この発音評定エンジン「SeePhony®」を搭載した、自分の英語発音が見える化できるアプリ、それが発音博士です! いつでもどこでも、英語の発音の採点が行うことができます。 年齢問わず、英語に挑戦したい方に、楽しんで英語学習をしていただけます。

SeePhony®をお好みでカスタムすれば?

このSeePhony®技術は、英語発音の学習プログラムを組み込みたいアプリに最適です。
発音評定エンジンであるSeePhony®は、日本人の英語発音に特化したチューニングをしているので、日本人の英語発音練習に役立つ音声技術です。

SeePhony®導入された実例

SeePhony®の技術は、産業能率大学様が実際の授業で利用している「発音道場」という勉学アプリに導入されています。
授業の内容に合わせてカスタムすることも可能で、英語の発音学習を高めたい学校や塾などにも最適化した状態で導入ができます。

AI式タブレットとも連携

全国の自治体、全国1200校以上の小中高に導入されているAI型タブレット教材「Qubina(キュビナ)」に、SeePhony®技術は採用されています。

Qubina(キュビナ)は学校法人河合塾と株式会社COMPASSが共同開発を行っているもので“読む”に加え “聞く” ”書く“ ”話す“ の4つのサイクルを通して統合的に英語を学習することができます。

「SeePhony ®」は“聞く””話す“技能の確認と評価に活用されています。

よくあるAIアシスタントの音声認識と
SeePhony®って何が違うの?

スマートフォンには、話しかけると反応するAIアシスタントがデフォルトで導入されています。
ここで使われている音声認識と、コトのSeePhoney®の音声評定とはいったい何が違うのか?
通常この手の音声アシスタントは、インターネットに接続されている状態で膨大なデータからAIが音声を解析して認識をしています。
インターネット接続が必須になるので、処理時間がどうしてもかかってしまいます。
SeePhony®は英語発音のみに特化したシンプルなデータ構造のため、非常に軽い状態でアプリの内部に搭載することも可能です。

SeePhony®に込めた想い

学習は「おもしろい」
の先にある

英語に関わらず学習に行き詰ってしまったり、嫌になって挫折してしまうことってあるかもしれません。
子どもの時は楽しいものって、親が「ストップ!」「もうおしまい!」って言っても止めたくないものです。
そういうものって楽しいから、もっと自分で学ぼうと積極的に行動していきます。
その繰り返しが、学習へとつながるではないでしょうか。
学習が楽しいものであれば、年齢に関係なく継続して続けることが出来ます。
そして結果、学習は自身の体験となり経験に繋がります。
もしかしたら、学習とは「おもしろい」の先にあるのかもしれません。嫌なことも辛いこともエンターテイメントの力でおもしろいモノになる。
学ぶ=「嫌なモノ」を、学ぶ=「おもしろいモノ」に変えていければ、多くの子どもたちが将来、大きなチャンスや可能性を切り拓くキッカケへとつながっていくかもしれません。
このSeePhony®技術は、そんな「楽しい学習」の第一歩なのです。