枯れた技術の水平思考

1941年9月10日生まれ。 京都府京都市出身。 同志社大学工学部電子工学科を卒業後,任天堂開発第一部部長として「ゲーム&ウオッチ」、「ゲームボーイ」、「バーチャルボーイ」等の 開発に携わり、宮本茂と並んで任天堂を世界的大企業へと押し上げた人物。

ゲーム好きの人であれば,かつて任天堂で数多くの商品やソフト開発に携わった横井軍平のことはよくご存じかもしれません。

横井が不慮の事故でこの世を去ったのは、1997年10月4日のことです。

それから月日が経ち、時代は変わり、ゲームや玩具の歴史には今では新しいページが刻まれ続けています。

時代の流れにより、業界に知れわたっていた横井の名前や、彼の開発思想と呼ぶべき「枯れた技術の水平思考」という言葉を 知らない人が増えてくるのも、仕方がないことなのかもしれません。

しかし、横井の思考や技術がビデオゲームの発展にもたらしたものは計り知れず、今も業界や技術者の中で語り継がれています。

そんな横井が、当時業績を伸ばし続けていた任天堂を去ってまで立ち上げたのが、株式会社コトです。

設立前から多くの関係者から注目をされていました。

しかし、横井が他界したのは、会社設立わずか一年後でした。

世間では「これでコトは終わった」。

当時はそう言われていました。

多数の実績と功績を残してきた横井が設立した株式会社コトは、絶望と大きなプレッシャーの中、動き始めました。

作れるかどうか分からないという不安を抱えながら、残された社員たちが、地道に仕事を続けた結果、いろいろなものがつくられていきました。

現在では、設立者である横井の願いや想いを忠実に表現できる人はいません。

しかし横井が任天堂を離れる際に、話された内容があります。

それは、 足が痛いのに頑張ってリハビリをやっている男の子を病院で見た時のことです。

横井はこのように言いました。

「かわいそうだ、リハビリ中、その子の周りに東海道五十三次の絵を映し出して、歩くと景色が変わるようにすれば足の訓練も多少面白 くなるんじゃないか」。

それは現在(いま)、当時とは違う形で「Occlu-pad®」という弱視に悩む子どもたちへ、リハビリを楽しくさせるモノが実現しました。

エンターテイメントの力を活用して、楽しくリハビリが出来る。

それはまさしく横井がやりたかったコトの一つではないでしょうか。

今後もコトは横井本人が驚いてしまうくらいの「楽しいコト」を創り続け、世の中を明るくしていきます。

どんな時も一生懸命にやれば
意外とおもしろいものが出来る

株式会社コト
顧問 瀧 良博