HOME > 自社開発 > Digishot® 電子スタンプテクノロジー

Digishot®

デジショット
電子スタンプサービスを支えるバックエンドテクノロジー

スマホにスタンプすることで、O2Oサービスが展開できる電子スタンプ。
株式会社コトは、この電子スタンプの基盤となる認証技術「Digishot ®テクノロジー」を開発しました。
 
スマホ画面が「Digishot ®スタンプ(数万パターンの固有情報を持つ認証デバイス)」を認識。Digishot ® SDKを組み込んだアプリやWebサービスがDigishot ®スタンプを識別することで、いつ、どこで、どのスタンプが押されたか、といった情報を取得することが可能になりました。
 
Digishot ®テクノロジーは、電子チケット、eクーポンの消込、地域通貨の決済、電子スタンプラリーなどで幅広く活用されています。
 
スマホにスタンプすることで、O2Oサービスが展開できる電子スタンプ。
株式会社コトは、この電子スタンプの基盤となる認証技術「Digishot ®テクノロジー」を開発しました。
 
スマホ画面が「Digishot ®スタンプ(数万パターンの固有情報を持つ認証デバイス)」を認識。Digishot ® SDKを組み込んだアプリやWebサービスがDigishot ®スタンプを識別することで、いつ、どこで、どのスタンプが押されたか、といった情報を取得することが可能になりました。
 
Digishot ®テクノロジーは、電子チケット、eクーポンの消込、地域通貨の決済、電子スタンプラリーなどで幅広く活用されています。
 

 
 

  • 2019/12/1 「日経ヴェリタス」2019/12/1号にエビスバーアプリが取り上げられました。
  • 2019/11/13 Loyalty360 Customer Award でエビスバーアプリが、見事プラチナ賞を獲得しました。
    →記事はこちら
  • 2018/2/21 ach navi「視機能発達における新たな試み」で「Occlu-pad」が紹介されました。
  • 2018.1.22 Digishotを利用したタブレット型弱視訓練機「オクルパッド®」が第7回「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞を受賞しました。

<アプリケーション例>
「スマホに押せるスタンプ」
押印ログによる来店確認とユーザー追跡が可能です。現実と仮想(スマートフォン・タブレット)をつなぐ入力デバイス。
タブレット上でブロックを押したり、回したり、ドラッグしたりさまざまなアクションを行うことができます。
 
Digishot ® Technologyの仕様やデモンストレーションの実施につきましては、弊社までお問い合わせください。
 

<採用例>
株式会社ジェイティービー様:
電子チケットサービス「PassMe!(パスミー)」

ヤマハ音楽振興会様:
「タッチ!おとえもん」「おとえもんの音楽会」
 

株式会社JFCセールスプラン様:
タブレット型弱視訓練機「オクルパッド®」

株式会社エム・フィールド様:
デジタルスタンプソリューション「HiTAP®(ハイタップ)」

株式会社タカラトミー様:
新感覚知育トイ「Cube touch」