HOME > 受託開発 > 品質について

品質について

あの製品は品質が良い。あの製品は他とは品質が違う。
日常的によく耳にする「品質」という言葉。
この「品質」という言葉の中には、様々な企業努力が隠されています。
 
株式会社コトは、長年のゲーム・玩具・教具開発分野において、この「品質」と常に向き合ってきました。
株式会社コトが考える「品質」について、少しお話ししたいと思います。

ゲームや玩具、教具の安全基準が厳しいとされる理由

生活を彩る製品には、それぞれ品質基準というものが設けられています。
基準が無ければ、どの製品が良い製品で、どの製品が悪い製品なのか、の区別がつきません。
 
ゲームや玩具、教具は製品の性質上、お子様が触れる機会が多くなります。
お子様は知的好奇心が旺盛なため、大人が想像もつかないような取扱いをすることにより誤使用が発生することが多々あります。そのため、製品開発にはお子様の誤使用による様々な危険を防止することを目的とした設計が必要になります。
 
 

製品開発における評価

想定されるお子様の誤使用を事前に予測し、誤使用でも製品がお子様に危害を加えることがないように、開発段階において様々な評価を実施します。
例えば、落下試験。手に持った製品を落下させた際に製品が破損し、お子様をケガさせることがないかどうか。
その他にも、誤って踏みつけた際に壊れてケガをしないかどうかを確認するフィジカルテスト、輸送テスト、材料安全確認テストなど、そのテスト項目は100項目近くに及びます。*テスト項目は製品特性によって異なります。
これら「製品開発における評価」での一連のテストを「信頼性試験」と呼んでいます。
 

 
開発フェーズで設計開発された製品は、まだ製品としては未熟。
この未熟な製品は、複数回の評価(信頼性試験)を経ることで安心・安全で信頼性の高い製品に生まれ変わります。
信頼性試験によって洗い出された課題や問題点は、エンジニアが解析し、根本原因を探しだし、改善(対策)します。こうして、より良い製品品質へと磨きあげられていきます。
 
<信頼性試験>
 
・フィジカルテスト(落下、踏みつけ、静荷重、トルク...etc)
・輸送テスト
・材料安全性テスト(毒性、重金属、フタル酸...etc)など、試験項目は100項目近く。

自社ブランド製品「PIPEROID®」は、世界で最も厳しいとされる基準の一つ「欧州玩具基準EN71-3」に準拠しています。