HOME > 受託開発 > 受託開発の流れ

御社の企画とコトのテクノロジーで、アッ!と驚く製品をワンストップで。

音声ペンを使った新しい製品を作りたい!
音声評定を使った英会話コンテンツを作りたい!!

Digishot®やSeePhony®といった株式会社コト独自のテクノロジーだけでなく、大手玩具メーカー様向けに開発・量産してきた経験をベースに、お客様の企画を具現化するための最適解をご提案致します。

<開発実績>


にほんご・えいごおしゃべりことばのずかん
採用技術:OID




絵本にペンでタッチすると内蔵スピーカーから英語と日本語が聞こえる「ことばのずかん」。歌やクイズをおり交ぜながら、楽しく学べる言葉の図鑑です。*ハードウェア設計・製造、ソフトウェア企画・開発で協力。

えいごでいつでもおしゃべりドリー
採用技術:SeePhony®




音声認識搭載の子供向け英語学習教材。英語の呼びかけにクマの子「ドリー」が英語で答えてくれる、ドリーとの会話が楽しい英会話教材です。*ハードウェア設計・製造、ソフトウェア企画・開発で協力。

受託開発の流れ

受託開発の流れには大きく分けて3つのフェーズがあります。

 
1. 企画検討フェーズ


まずはお問い合わせ下さい。

例「音声ペンを使った図鑑を作りたい!」
弊社担当者が、お客様が実現したいことについて細かくご要望を伺います。
 
2. 開発フェーズ
 
お客様のご要望(要求仕様)をもとに、ハードウェア機構、ソフトウェア仕様を設計します
 
3. 量産フェーズ


御承認頂いた製品仕様を元に弊社協力工場で量産致します。
どんなご相談でも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください。